【不動産投資】奥さんからお金を借りてはじめたら年収3億円になっちゃいました~ナニワのヘンリー・フォードが語る

不動産投資で経済的・時間的自由をえて、人生100年時代を自分らしく生きよう!
2万人の不動産投資家と投資家予備軍が読んでいる不動産投資家育成協会公式メルマガ
↓    ↓     ↓

老後資金が2000万円も不足するといわれている現代において、将来のお金の不安を解消し、自分らしく生きるための副業として、「不動産投資」が注目を集めています。
このチャンネルでは、不動産投資を世界一わかりやすく、スマホでカンタンにできる方法をご紹介していきます。
不動産投資のメリット、不動産投資業界、不動産投資の始め方についてもっと知りたいかたは、こちらをチェックしてみてください。あなたの人生の可能性が大きく広がります。
↓    ↓     ↓

☆はじめての方へメッセージ☆
松本 光彦(まつもと みつひこ)
副業による安定収入で豊かな暮らしを実現する
一般社団法人不動産投資家育成協会 認定講師
大阪支部長

1961年5月生まれ、大阪府出身。
大阪府立花園高校卒業後、地元の石切農協(現JA大阪中河内)に就職。
肥料・農薬等の販売業務を10年経験した後、貯金・保険の営業を担当する。そこで最愛の妻と知り合い36歳で結婚。
4人の子供に恵まれ幸せな家庭生活を送りかけた矢先、農協の広域合併により状況が一変する。45歳を過ぎ収入が減少する中、会社だけに依存する生き方に疑問を感じる。          
そんな中、たまたま本屋で手にした不動産投資の書籍で「不労所得」の文字を目にする。
融資というレバレッジを効かせた投資方法に感銘し、49歳で全く知識がないところから不動産投資の勉強を始める。物件探しを始めて6か月、念願の賃貸マンション1棟を購入する。
しかし購入直後に入居者の退去が続き、家賃収入が減少し自己嫌悪に陥る。また仕事上では人事異動による慣れない職場環境に悩む中、家庭面でも問題が続発し精神的に苦しい日々が続く。

「何とかこの状況を脱却しよう」と不動産投資の書籍を読み続け、不動産収入でサラリーマンを卒業するには、レバレッジを効かした規模拡大しかないと、法人を設立し、融資期間が長くとれる賃貸マンションの購入を目指す。銀行融資がなかなか出ない状況が続くが、近隣の金融機関全店へのヒアリングを重ね、融資交渉を何度も繰り返し、6か月で5棟の連続購入に成功する。
銀行融資を重視した戦略で物件を買い続けた結果、購入件数は18棟となる。
2017年、家賃年収が3億円となり目標であったサラリーマンを卒業する。

現在は、「自分の夢を叶える」ため、一人でも多くの人に経済的自由と時間的自由を掴んで欲しいと、一般社団法人不動産投資家育成協会の認定講師となり、サラリーマン時代に経験した融資・保険・税務知識を武器に、サラリーマン大家の育成に励む。

著作  「不動産投資はチームプレイでうまくいく!」 (合同フォレスト)

松本光彦の50歳過ぎても遅くない、人生大逆転の法則!!

この動画の詳細については、以下のブログで解説しています。

お金,貯金,お金持ち,不動産投資,不動産投資家,不動産,大家,サラリーマン大家,副業,不労所得,初心者,未経験,投資,アパート,マンション,RIES,マンツーマン,ゼロイチ,かぼちゃの馬車,サラリーマン,稼ぐ,融資,収入,もふもふ不動産,住宅ローン,収益物件,失敗,家賃収入,成功,楽待,資産運用,節約,不動産投資家育成協会,マンツーマン不動産,賃貸経営,年収,お金の作り方,お金を貯める方法,オフショア投資,ストック収入,お金の悩み,認定講師,新築,区分所有,銀行口座,一棟物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です