利回り5.8%オリックス(8591)配当金76円から40~45円に大幅減配か

事業を多角化展開するオリックス(8591)視聴者様の中では、高配当株、株主優待銘柄という側面が強い会社ではないでしょうか?
それもそのはず、7月2日終値時点での株価1300円に対して、2020年の配当金実績は76円、利回りが5.85%と非常に高い点に加えて、100株以上の保有でオリックスグループの取引先が取り扱う商品をカタログギフトで選べるという株主優待も導入されています。
その同社ですが、航空機リースやホテル・旅館などの事業が新型コロナにより不透明感が漂ってきています。このまま高配当を維持できるのか?
今回の動画では、その可能性について採り上げてまいります。是非最後までご視聴ください。

■日本株チャンネル【坂本彰】

■無料投資レポート 

■ブログ 

■Twitter 

著書一覧
■給料は当然もらって、株で10万を1年で月収20万に!(ぱる出版)

■10万円から始める高配当株投資術(あさ出版)

■60歳から10万円で始める高配当株投資術(あさ出版)

■小売お宝株だけで1億円儲ける法(日本実業出版社)

※動画で紹介した銘柄は利益を保証するものではありません。
 事前にご理解の上、自己責任にて投資をお願い致します。

#株 #株式投資

オリックス,高配当株
Howto & Style

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です