「歴史的にまれな点灯」仮想通貨ビットコインの”ハッシュリボン”買いサインを読み解く

コメンテーター ドルフィンf

大手証券会社出身、バブル崩壊期からトレード業務やIT企業経営を行っており、その後仮想通貨取引所の設立に関わる。ディープラーニングを用いた価格分析手法を確立しトレードで大きな利益をあげる。

しばらく横ばいの動きが続いている仮想通貨ビットコイン(BTC)相場。エネルギーを溜め込んでるようにも見える最近のビットコインだが、7月12日に重要なテクニカル指標である「ハッシュリボン」に買いサインが点灯した。

ハッシュリボンの買いサイン点灯は歴史的にも「まれ」な出来事だ。今後の相場を占う上で、どのように解釈をすれば良いのだろうか。

今回のコインテレグラフ Youtubeチャンネルでは、大手証券会社出身で現在は仮想通貨取引所の設立にも関わるドルフィンf氏が、ハッシュリボンについて詳しく分析する。

また、GMMA(複合型移動平均線)でもハッシュリボンと同じテクニカル的な傾向が読み解けることや先日コインテレグラフでも伝えた「ボリンジャーバンドが2018年の急落時と同じ幅に狭まる」懸念について心配する必要がない点についても解説する。

ドルフィンf氏は、ディープラーニングを用いた価格分析手法を確立。コインテレグラフでもディープラーニングを用いて今後8年間のビットコイン価格を予想した。

インテレグラフ日本版の公式ホームページはこちら:

コインテレグラフ日本版の公式LINEはこちら:

コインテレグラフ日本版の公式Twitterはこちら:

コインテレグラフ日本版の公式Facebookはこちら:

コインテレグラフ日本版の公式テレグラムはこちら:

新型コロナ,ビットコイン,仮想通貨,新型コロナウイルス,暴落,ニュース,今後,暗号通貨,暗号資産,ブロックチェーン,堀潤,ディーカレット,コインテレグラフ,Cointelegraph,Decurret,早稲田大学,新型コロナ ビットコイン,新型コロナ 仮想通貨,ビットコイン 今後,仮想通貨 今後,ビットコイン ニュース,仮想通貨 ニュース,新型コロナ 中国,中国経済,半減期,btc,BTC
News & Politics

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です