2020年8月14日 「日経平均6か月ぶり高値!まだまだ大相場は始まったばかり。弱気にならないように!」【朝倉慶の株式投資・株式相場解説】

★本動画内で紹介しているSQの動画はこちらです。
ぜひ、あわせてご覧ください!
 ↓ ↓ ↓
世界的な暴落は、全てSQが関係している! (2018年3月ASAKURAセミナーより一部無料公開)

★ASAKURA経済セミナー★

次回2020年7月18日(土)東京大手町にて開催します!
見どころ・・・
経済アナリスト・朝倉慶の気になる社会のトピック、世界の政治経済動向の解説!銘柄マスター・長谷川伸一の注目銘柄解説 など
3時間半にわたる白熱のセミナー!
申し込み先 

☆2020年 ASAKURAセミナー開催日程
7月18日(土)、9月12日(土)、11月21日(土)
申し込み先 

——————————————————–
こんにちは

朝倉慶です。

暑い日が続きますが、お変わりないでしょうか、

コロナと猛暑で気が抜けない日々が続きますが

健康に留意して乗り切りましょう。

さて本日も夕方YouTubeアップしました。

日経平均は6カ月ぶりの高値に躍り出ました。

まさに予想通りの展開です。

当欄では一貫して株価の先行きに<弱気にならないように>

とアドバイスしてきました。

毎回指摘し続けているように世間は

株式市場に対して余りに悲観的に見すぎています。

毎日テレビを見ているとコロナのことばかり

これでは悲観的になってしまうのと同じで、

世間の株式市場に対しての悲観的な見方、いわゆる

<業績に対して余りに株価は高すぎる>との声ばかり聞いていては、

どうしても株価の先行きに弱気になってしまいます。

それでは、大事なこの激動期を乗り切れません。

株式市場は明らかに上を向いています。

世界的な常軌を逸した金融財政政策が

歴史的な株高を作ろうとしているのです。

今後我々の目の前に現れるのは歴史的なバブル相場です。

株式市場に対して<弱気になるべきではない>のです。

今回、日経平均は昨日までの3日間で920円近く上げました。

これは本日の先物決済日、オプションSQを目掛け

海外投資家が日本株を一気に買いあがった結果だと思います。

常に先物決済日、オプションSQにかけて株価が動かされることは

再三指摘してきました。

今回も海外投資家は日本株を売りすぎて大きく損失を出していましたが

本日のSQにかけて一気に株を買いあがることで、

先物取引で利益を上げ、買い戻しでの損失を少しでも

和らげる方針だったと思います。

ここまで米国のIT大手、アップル、アマゾン、フェイスブック、など

一部のハイテク関連米国株だけが上がっている展開でしたが

昨今はNYダウの上昇に見られるように全般的な上げとなってきました。

これはハイテク銘柄ばかり、上がり続けるわけにはいかない、

相場における全般的な水準訂正が起こっているからです。

今回、株式市場は世界的な大相場になろうとしています。

その先導役は米国のハイテク大手ですが、

相場自体のスケールが極めて大きいので

ハイテク株が一服すると今度は出遅れていた銘柄群に

投資対象が移っていくわけです。

ですから最初は米ナスダック市場が大きく上げ続け、

次に米国株式市場の実体を写すS&P市場が上げ始めました。

S&P市場は史上最高値を取ることは必至の情勢です。

そして次にNYダウや日経平均が高くなってくる順番です。

遠からずNYダウは史上最高値を抜いてくるでしょう

そして日経平均は今年高値24115円を抜いてくるでしょう。

先週からトヨタは8連騰となりました。

4-6月期決算は売り上げが40%減ったのですが

何と黒字決算となったのです。

かようにハイテクばかりでなく日本を代表する銘柄群は

強靭な体質を持つ銘柄群も多々あるのです。

引き続き朝倉は株式市場についてしっかり解説し続けます。

世間全般は超弱気ですが、朝倉ははっきり自分の主張を

皆さんにお届けします。

暑さに負けないで、頑張っていきましょう。

朝倉  慶
——————————————————–
【株式会社ASK1】セミナー、CD、レポートなど朝倉慶の経済情報配信をしています。

【株式会社アセットマネジメントあさくら】銘柄情報、注目ニュース、市況解説など配信しています。

【朝倉慶公式Twitter】朝倉がつぶやきます。

【メディア出演】ラジオ日経「朝倉慶の株式フライデー」(毎週金曜日8:45~9:00)

朝倉慶チャンネル☆登録をお願いします→
#朝倉慶#朝倉慶チャンネル

株,株価,相場,日本株,株式投資,UCax09PmcRoY1R8mfJFBfv0g,セミナー,朝倉慶,経済ニュース,日本,経済,政治,株式相場解説,日経平均株価,三橋貴明,及川幸久,渡邉哲也,ASK1,株式
News & Politics

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です