仮想通貨ビットコイン、「クジラの利益確定売り」はなぜ杞憂か?|”良い負け方”の心得【ドルフィンfのチャート分析】

▶︎あらすじ
「ビットコインのクジラが1万2000ドル付近で利益確定売りをしている」や「CMEのギャップ埋めによって9700ドルで下がる可能性がある」など、最近の仮想通貨ビットコイン(BTC)の価格推移を受けてトレーダーたちは先行きを不安視しているかもしれない。

1万500ドルのレジスタンスを突破すれば昨年6月の高値である1万4000ドル付近まで一気に上昇するかもしれないという期待の声もあった。最近の値動きはそうしたトレーダーにとって忍耐力をが試される展開だ。

「トレーダーに負けはつきもの。問題は、いかに”早く”負けるか」

そう語るのは、お馴染みのビットコインチャート分析家のドルフィンf氏だ。同氏も、最近の調整局面は見破れなかったと話す。

チャート的に昨日の調整を示すサインはあった。「今から冷静にみればMACDのダイバージェンスがあった」と同氏は振り返る。

ただ同氏によれば、全体的に上昇基調であることにかわりない。チャートが昨年6月ビットコイン1万4000ドル付近の高値をつける前の調整局面に似ていることもある。

今回のコインテレグラフジャパンのYouTubeチャンネルでは、ドルフィンf氏が巷で言われる「クジラの売り圧力」や「CMEのギャップ埋め」はなぜ杞憂であるか解説する。

とは言っても、不透明な状況が続くことには変わらない。そんな時、「仮に負けたとしてもいかに潔く負けるかが大事」とドルフィンf氏は不透明な相場の心得についても語る。

▶︎コメンテーター
ドルフィンf

大手証券会社出身、バブル崩壊期からトレード業務やIT企業経営を行っており、その後仮想通貨取引所の設立に関わる。ディープラーニングを用いた価格分析手法を確立しトレードで大きな利益をあげる

▶︎最新の動画一覧
「中国の夢」がデジタル人民元の足かせ?深まる米中対立で追い詰められるのは中国か 

雰囲気変わった?仮想通貨の新規上場、日本で増加【仮想通貨週間ニューストップ3】

仮想通貨ビットコインどうなる?香港で外貨制限の噂も

4連休初日に上昇 仮想通貨ビットコインは沈黙を破ったのか?

仮想通貨の未来も占う?中国の香港政策で世界が分裂

▶︎コインテレグラフに関するさらなる情報はこちら

コインテレグラフ日本版の公式ホームページ:

コインテレグラフ日本版の公式LINE:

コインテレグラフ日本版の公式Twitter:

コインテレグラフ日本版の公式Facebook:

コインテレグラフ日本版の公式テレグラムはこちら:

#ビットコイン#仮想通貨#チャート

仮想通貨,仮想通貨 ニュース,暗号資産,暗号通貨,ビットコイン,BTC,Bitcoin,ブロックチェーン,デジタル通貨,コインテレグラフ,Cointelegraph,リップル,XRP,米中,米中対立,デジタル人民元,トランプ大統領,習近平,トランプ,中国,アメリカ,米国,米国と中国,アメリカと中国,ビットコイン 今後,仮想通貨 今後,中国経済,China,United States,Trump
News & Politics

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です