年末2万ドル回復は簡単?仮想通貨ビットコインの上昇は序の口【ドルフィンfのチャート分析】

▶︎あらすじ

仮想通貨ビットコイン(BTC)は過去1週間で一時10%ほど上昇した。

上昇が始まったきっかけは、ジャック・ドーシー氏率いる米スクエア社によるビットコイン投資の発表だ。既報の通り、チャート分析家のドルフィンf氏は、テクニカル的にも中長期の買いサイン「ハイパーツナ」に久しぶりに買いサインが灯ったと指摘していた。

だがドルフィンf氏は、「まだ上がったとは言えない」と主張。過去の傾向からビットコインが10%ほどの値動きをするのは「通常運転」であり、買いサイン点灯はそれを超える上昇を示唆しているからだ。

今回のコインテレグラフYouTubeチャンネルでは、ドルフィンf氏がビットコイン買いサイン点灯の意味を詳しく解説する他、ディープラーニングモデルのおさらいや米大手企業のビットコイン投資参入の意味、米大統領選の影響を念頭に置いた年末ビットコインの価格を予想する。

▶︎コメンテーター

ドルフィンf
大手証券会社出身、バブル崩壊期からトレード業務やIT企業経営を行っており、その後仮想通貨取引所の設立に関わる。ディープラーニングを用いた価格分析手法を確立しトレードで大きな利益をあげる

▶︎最新の動画一覧
「中国の夢」がデジタル人民元の足かせ?深まる米中対立で追い詰められるのは中国か 

雰囲気変わった?仮想通貨の新規上場、日本で増加【仮想通貨週間ニューストップ3】

仮想通貨ビットコインどうなる?香港で外貨制限の噂も

4連休初日に上昇 仮想通貨ビットコインは沈黙を破ったのか?

仮想通貨の未来も占う?中国の香港政策で世界が分裂

▶︎コインテレグラフに関するさらなる情報はこちら

コインテレグラフ日本版の公式ホームページ:

コインテレグラフ日本版の公式LINE:

コインテレグラフ日本版の公式Twitter:

コインテレグラフ日本版の公式Facebook:

コインテレグラフ日本版の公式テレグラムはこちら:

#ビットコイン#仮想通貨#チャート

仮想通貨,仮想通貨 ニュース,暗号資産,暗号通貨,ビットコイン,BTC,Bitcoin,ブロックチェーン,デジタル通貨,コインテレグラフ,Cointelegraph,リップル,XRP,米中,米中対立,デジタル人民元,トランプ大統領,習近平,トランプ,中国,アメリカ,米国,米国と中国,アメリカと中国,ビットコイン 今後,仮想通貨 今後,中国経済,China,United States,Trump
News & Politics

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)