【緊急解説】暴騰中!それでもリップル(XRP)は買ってはいけない理由。

・まさかのリップルが暴騰!
・前日比40%以上という異常な数字
・裏ではイーサリアムもしれっと高値更新
・NEMやBCHなどなども、軒並み10%以上の高騰
・2017年のGWを思い出す「アルトバブル」
・しかし!リップルはおすすめしません
・一貫してイケハヤはアンチリップル
・長期投資の対象にはなりえない
・その理由を語ります

①リップルの存在意義が不明で、将来性も見えない
・もともとリップルは「ブリッジ通貨」
・B2Bの国際送金時に使われるシステム
・だがしかし、ほぼ実用化されていない
・そもそもブリッジ通貨を民間人が買う意味とは……
・ホルダーもXRPを買う意味が分かってない
・リップル社も意味不明なことをしている

仮想通貨XRP利用の新たな音楽コンテンツ配信ツール「Xsongs」

・投資家として将来性は感じない
・非常に投機的で、リスクが高い
・短期のトレードならありです

②非常に中央集権的
・そもそもXRPは分散型ではないし、ブロックチェーンですらない
・特定の企業が管理するコイン
・お仲間の会社(Coil)に10億XRPを助成

・Coilはほぼ使われていない

・他にも、謎に学校への寄付などでXRPが流用
・大量保有者による売り、いわゆる「ジェド売り」も続く
・これまでに10億XRP以上を売却

③法的な争いが続いている
・「リップルは違法な有価証券ではないか?」
・長期的に裁判で争いが続いている
・「XRPが有価証券かどうかをめぐっては、リップル社が2013年に一般投資家に向けてXRPを販売したことが証券法違反だとして、投資家らが2018年に提訴した。」

・かつてのICO案件の多くは違法認定されている

・短期ではありだが、長期ではとてもじゃないけど対象にならない
・おとなしくビットコイン買いましょう
・アルトコインは痛い目を見やすいです
・買うとしても現物で少額、レバかけて全ツッパとかヤバすぎです
・もし買うならbitbankの板取引がおすすめ
・coincheckは割高なので注意

・じゃあなんで上がってるの?
・Sparkのエアドロップ
・個人の投機マネーが入ってきている?

・定番の流れだと、アルトの上げはビットコインに吸収される
・ドミナンス的にはまだアルトが伸びる余地がありそう(BTCが64%)

・おとなしくビットコイン買っておきましょう
・アルトコインは何がおすすめ?
・ニーズがあるなら動画を取ります

News & Politics

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です