MENU

真打登場で、ビットコイン相場は来年にフィーバー?【週間仮想通貨ニュース相場編】

仮想通貨ならバイナンス

仮想通貨取引なら「Binance」

当ブログ経由でなんと取引手数料10%割引となります

▶︎あらすじ
今週の仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)相場は、18000ドルを割り込むなど調整局面が続いている。

仮想通貨取引所FXCoinでシニアストラテジストを務める松田康生氏は、現在意識されているのが、シカゴ・マーカンタイル取引所の窓である17000ドルであり、ここを割り込めば16200ドルまで下落する可能性を指摘する。

ただし、そうした中でもビットコインにはこれまでに見られなかったような強気の要素が出て来ているという。10日には米大手生命保険会社のマス・ミューチュアル(MassMutual)が1億ドル分のビットコインを購入したことが明らかになった。

松田氏はこれを「『本物』の機関投資家が参入した」と評価。現在の調整市場もこうした機関投資家の参入で下げ止まっているのではないかという。そして、ポール・チューダー・ジョーンズなどが参入を表明してから、たった半年で生保までが参入するスピード感から「来年は大変なことになりそうだ」と期待を込めた。

また、今週は米ムニューシン長官が自己ホスト型(ユーザー管理型)ウォレットを禁止するという噂に対し、米議員が書簡を提出する動きがあった。松田氏は「いずれ個人ウォレットの規制は避けられないだろう」との見解を述べる。こうした動きが業界にどのような影響を与えるのだろうか。詳しくは動画で確認して欲しい。

▶︎コメンテーター
松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

▶︎最新の動画一覧
「中国の夢」がデジタル人民元の足かせ?深まる米中対立で追い詰められるのは中国か 

雰囲気変わった?仮想通貨の新規上場、日本で増加【仮想通貨週間ニューストップ3】

仮想通貨ビットコインどうなる?香港で外貨制限の噂も

4連休初日に上昇 仮想通貨ビットコインは沈黙を破ったのか?

仮想通貨の未来も占う?中国の香港政策で世界が分裂

▶︎コインテレグラフに関するさらなる情報はこちら

コインテレグラフ日本版の公式ホームページ:

コインテレグラフ日本版の公式LINE:

コインテレグラフ日本版の公式Twitter:

コインテレグラフ日本版の公式Facebook:

コインテレグラフ日本版の公式テレグラムはこちら:

#ビットコイン#仮想通貨#BTC

仮想通貨,仮想通貨 ニュース,暗号資産,暗号通貨,ビットコイン,BTC,Bitcoin,ブロックチェーン,デジタル通貨,コインテレグラフ,Cointelegraph,リップル,XRP,米中,米中対立,デジタル人民元,トランプ大統領,習近平,トランプ,中国,アメリカ,米国,米国と中国,アメリカと中国,ビットコイン 今後,仮想通貨 今後,中国経済,China,United States,Trump
News & Politics

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる