MENU

【緊急配信】リップル崩壊中!上場廃止・売買停止もありえます。

仮想通貨ならバイナンス

仮想通貨取引なら「Binance」

当ブログ経由でなんと取引手数料10%割引となります

0

・リップル持っている人は必見
・年末にでかいのが来た
・米国のSECがリップルを潰そうとしている
・価格は一時50%オフ
・一部の取引所では売買停止
・日本の取引所も追随する可能性あり
・BitwiseはXRPを大量売却
・解説します

①SEC激おこ
・この問題は実は以前から指摘されていた
・XRPは違法な有価証券じゃないの?
・登録しないで勝手に売ったらダメだよ
・「ICO」をやって罰金を食らったプロジェクトは多い(EOSのBlock.oneなど)
・XRPも罰金払えばOK?
・どうもそうはならない可能性
・リップルは2013年からXRPを販売
・継続的な価格操作をしており、事業の実態も希薄
・開発サービスを利用する企業にはXRPをインセンティブとして付与
・日本企業Cはリップルを割安で購入し、日本人に売却(15〜30%オフ)
・お仲間の会社(coil)に巨額のXRPを「寄付」
・R社と創業者2人が訴訟されている
・この訴訟に負けると巨額の制裁金を支払うことになる
・そして取引停止、上場廃止、サービスも利用停止?
・リップルが崩壊していく可能性は高い

②どうなるの?
・裁判の結果が出るのはまだ先
・しかし、日本の規制当局は先んじて上場廃止の圧力をかけそう
・「俺たちアメリカがぶっ叩いてるものを、ジャパニーズは堂々と売るのか!?」
・売買停止、上場廃止は想定しておくべき
・強制決済になるか、自己責任で引き出しとなるか
・少なくとも価格面でプラスではない
・裁判で問題にならなかった場合も、長期的には疑問
・そもそも実用化されていない

③だから言ったじゃないか
・イケハヤは2017年から「リップルはヤバい」と言っている
・少なくとも長期投資に耐える銘柄ではない
・ちょっと勉強すればリップルのヤバさは誰でもわかった
・勉強していない素人が盲目的に買っていた
・しかも日本人ばかりが買っていた
・日本は取引可能銘柄が非常に少ない
・「ビットコインは高いしなぁ……」
・個人の投機マネーがリップルに流れていった
・そして企業Cによるリップル煽り
・日本の個人投資家が養分になっていた
・とはいえ投資は自己責任
・爆弾抱えていることは調べればわかった
・リップルに期待していた人は、厳しいけど反省しましょう

まとめ
・おとなしくビットコインを買いましょう!

News & Politics

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる