MENU

【じっちゃま】半導体不足が深刻!米国の企業業績に与える影響を解説!どのような半導体が不足し、何に影響しているの?(広瀬隆雄氏の米国株投資情報)

仮想通貨ならバイナンス

仮想通貨取引なら「Binance」

当ブログ経由でなんと取引手数料10%割引となります

ついに米国の企業業績が悪化し始めてしまいました。その主因の1つと言われるのが半導体不足。実際にいま、どのような半導体が不足し、何に影響を及ぼすことによって業績が悪化しているのでしょうか?「じっちゃま」こと広瀬隆雄氏が2021/10/3YouTubeライブで解説した内容をまとめました。

元動画

(2021年10月3日じっちゃまYouTubeライブより)

じっちゃまの発言内容は大変参考になるので、YouTube LiveやTwitterのフォローをおすすめします。

当チャンネルでは、じっちゃまの米国株に関する発言内容をまとめて発信しています。チャンネル登録をすると、最新の動画の通知が届きます。ぜひチャンネル登録をしてお待ちください。

◆じっちゃまのYouTube

◆じっちゃまのTwitter

******************************************************
当チャンネルでは、株式等への投資に関する内容の動画を配信していますが、投資の勧誘を目的としたものではありません。あくまでも、皆様がご自身の判断で投資を行うにあたって一助となることを目的として情報を発信しています。動画の内容には、相場の見通し、推奨銘柄などに関する表現も含まれますが、あくまでも投資はご自身の判断で行ってください。当チャンネルでは、いかなる責任も負いかねます。また、当然のことながら、元動画のじっちゃま(広瀬隆雄氏)も一切の責任は負ってくださいません。当チャンネルの配信内容にご意見・ご質問などがある場合には、動画コメント欄よりお知らせください。
******************************************************

じっちゃま,米国株,半導体
Howto & Style

当チャンネルでは「じっちゃま」こと広瀬隆夫氏の米国株投資情報を配信しています。

なぜ、企業業績が今

コンセンサス予想が下がり始めてるのか

ということについて

説明をしていきたいんだけども

一つはね

半導体不足なんかに代表される
「物不足」ですよね

これは経済が突然再開したんで

それで色んな所にボトルネックが生じて

それで例えば

半導体の供給が遅れてるとか

そういう問題が出てきてるわけですよね

半導体は大きく分けて

2種類の半導体があります

一種類はリーディングエッジ

つまり最先端の半導体ですね

イメージで言うと

例えば

台湾セミコンダクターという
会社が製造してる

nvidiaのgeforceシリーズとかね

そういうグラフィックスチップとかさ

そういうのは

リーディングエッジの半導体です

リーディングエッジの半導体は

線幅をものすごく微細加工で

線幅を細くして

ひとつの台の上にたくさんの回路を

焼き付けてやる

そういう集積度をあげることによって

パフォーマンスをアップする

それがリーディングエッジの半導体ですよね

でも半導体の技術は

日進月歩で進歩してますんで

どんどん早くなってるわけですよね

じゃあ

古くなった半導体製造装置は

もう使えないの?というと

それはそうではないんですよね

全ての半導体が最先端である必要はない

実際、多くの半導体は

ラギングエッジ

つまりリーディングエッジに対する
ラギングエッジね

つまり最先端じゃない

お古の、お下がりの半導体ですよ

半導体製造装置ですよね

そういうもので作れば十分なんですよ

日本の半導体のメーカーが

いくつかあったわけだけども

その大部分はラギングエッジでした

例えばサンヨーとかさ

昔あったけどね、そういう半導体工場がね

そういうのはラギングエッジですよね

ラギングエッジの特徴というのは

お古の装置を安い値段で
引き受けてくるわけだから

リサイクルですよね、言ってみれば

リサイクルだから

新規の投資をする

インセンティブは全くゼロなんですよ

使い古しでいいわけですよ

だから、そういう古いお下がりの装置を

だましだまし使っていくのが

多くの、例えば

車載半導体と呼ばれる

自動車向け半導体とかの大部分は

そういう古い装置によって作られた

パフォーマンスで言うと

低いか、もしくは、中くらいの

ハイパフォーマンスじゃない半導体

それが大部分なんですよね

今それが不足してるわけですよ

そうすると半導体が不足してるから

もっと半導体のキャパシティを
増やしなさいという風に

号令がかかったとしても

中古品の装置がアベイラブルにならないと

半導体の生産設備自体も

拡張できないわけでしょ

つまり、わざわざ車載半導体を作るために

半導体工場を新設したりなんかは

しないんですよ

それは経済的にメイクセンスしないから

そろばん的に合わないから

半導体不足の問題が

非常に時間がかかってる理由

一つの理由は

そういう、お古を使ってるっていうね

業界の体質と言ったら
ネガティブな響きがあるんだけども

要するに合理主義

あんまり利幅が多くなくて

そんなめちゃくちゃ儲かるもんじゃないから

たくさんの先行投資資金を投入して

気張ってやるような投資じゃないよね

そういうそろばんの問題があるから

それで半導体が不足してるんですね

半導体が不足するとどうなるかというと

例えば、フォードのF150と呼ばれる
ピックアップトラックがありますけれども

それに豪華なステレオがあるわけですよ

オーディオシステムが入ってわけですよ

だけども

そのステレオが組み込むことができない

半導体がないんでね

そういう車の動力系とは
直接関係ないような部品がなくて

それで工場から出荷できない

というような問題が起きてるんですね

だから、必ずしも

ブレーキとか動力系とか

そういうのをコントロールする

コントローラーとかさ

そういう半導体だけじゃない
という話をしてます

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる