MENU

じっちゃまが「Tax Loss Selling」戦略を解説!株が値上がりした年は税金の支払いを減らすために含み損銘柄を売る動きが出やすい!そこを拾う戦略だっ!(広瀬隆雄氏の米国株投資情報)

仮想通貨ならバイナンス

仮想通貨取引なら「Binance」

当ブログ経由でなんと取引手数料10%割引となります

「じっちゃま」こと広瀬隆雄氏が「Tax Loss Selling」についてYouTubeライブで解説した内容をまとめました。

じっちゃまの発言内容は大変参考になるので、YouTube LiveやTwitterのフォローをおすすめします。

当チャンネルでは、じっちゃまの米国株に関する発言内容をまとめて発信しています。チャンネル登録をすると、最新の動画の通知が届きます。ぜひチャンネル登録をしてお待ちください。

◆じっちゃまのYouTube

◆じっちゃまのTwitter

******************************************************
当チャンネルでは、株式等への投資に関する内容の動画を配信していますが、投資の勧誘を目的としたものではありません。あくまでも、皆様がご自身の判断で投資を行うにあたって一助となることを目的として情報を発信しています。動画の内容には、相場の見通し、推奨銘柄などに関する表現も含まれますが、あくまでも投資はご自身の判断で行ってください。当チャンネルでは、いかなる責任も負いかねます。また、当然のことながら、元動画のじっちゃま(広瀬隆雄氏)も一切の責任は負ってくださいません。当チャンネルの配信内容にご意見・ご質問などがある場合には、動画コメント欄よりお知らせください。
******************************************************

じっちゃま,米国株,tax loss selling
Howto & Style

当チャンネルでは「じっちゃま」こと広瀬隆夫氏の米国株投資情報を配信しています。

「タックスロスセリングで、売り込まれた
銘柄を拾う、というやり方について
詳しく教えてくれないでしょうか?」

今年(2020年)みたいな年

今年(2020年)は何が起きたんだと言うと

2月3月に新型コロナが発生して

それで「こら、やべーぞ」
って形で

株価がグーッと突っ込んだ

30%ぐらい
下がったわけですよね

でもそこからずーっとものすごい
ブル相場がありました

だから、今年は値幅が
大きかったという話をしてます

その過程で反発してる局面で

利食い、実現益を出した

投資家も
たくさんいるわけですよ

そうすると

税金対策のシーズンに
なってるわけですけども

「あれ?今年キャピタルゲイン
すごく多いな」と

「これ、全部税金に
持ってかれるの嫌だな」と

そうなんであれば

今年負けてる銘柄

それも一部、この際処分して

利益と損を相殺してやれば

払う税金が
少なくなるんじゃないかな、と

これがタックスロスセリングと呼ばれる
ストラテジーなんですよ

タックスロスセリングの

標的にされるような
銘柄というのは

①1年間を通じて全くいいとこなし

というような銘柄

取り分け

②小型株で最近IPOされたような銘柄

つまり、まだ株主の
ベース、スポンサー

それが
ふにゃふにゃしてて

がっちりとした安定株主が

固まってないような銘柄

そういうやつほど

タックスロスセリングで

グチャッと崩れやすい
ということですよね

もっと言えば
今年IPOされた銘柄の中で

とりわけ儲かってない銘柄

それは

タックスロッセリングの
ターゲットにされる

リスクがある

という話をしてます

突っ込んだ銘柄ほど

リバウンドも大きいと思うんで

それは買うべき時が来たら

銘柄の候補は言います

今は言わない

なぜ、今言わないかというと

今、その銘柄名を言っちゃうと

ここからが一番

ギトギトに血みどろになる
局面かもしれないんで

「広瀬さんから銘柄聞いたから
今すぐに買いに行こう」という風にさ

早漏気味にさ

ダッシュして

今から買ったら

スパーンと
やられるかもしれないから

だから銘柄言わないわけ

言ってることわかる?

だから、待ってください

狙いすまして、いいタイミングで
買うということは

非常に重要です

それやらないと

損するリスクが
ありますからね

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる