MENU

金券ショップに変化 “達人”の節約術は?「安活」(2021年11月4日)

仮想通貨ならバイナンス

仮想通貨取引なら「Binance」

当ブログ経由でなんと取引手数料10%割引となります

 新型コロナの感染拡大が収まり、経済活動が活発化するなか、“庶民の味方”金券ショップにも変化が起きています。
                                 
■経済再開 チケット価格上昇

 都内にある金券ショップにも、人の姿が戻り始めています。

 ラッキーコレクション・久保田ありささん:「(Q.ディスプレーにずらっと金券並んでいますね)メインはやはり場所柄(新橋)、新幹線の切符が多いかと思います。出張などに使われる会社員の方が多く、お買い求め頂いております」

 客:「(Q:きょうは何を買いに?)新幹線の切符とかですかね」「仕事で新幹線のチケットをたまに見に来るんですけど。私の場合は、静岡県の方に」

 金券ショップに客が戻ってきた今、お得な交通チケットの価格に変化が起きています。

 ラッキーコレクション・従業員:「(Q.今、何を?)安く売ってる分が売り切れちゃったんで(価格を変えた)」「(Q.一日の中で価格が変わることが)あります」

 ラッキーコレクション・久保田ありささん:「東京、新大阪で言いますと、大体一番安い時で1万円ちょっと下回るぐらいの金額まで下がった。現在ですと、1万3300円なので、3000円ほど戻ったと思います」

 人の動きが活発化した分、コロナ禍で落ちた売り上げも回復。チケット価格も上昇しているのです。

 ラッキーコレクション・久保田ありささん:「一番ひどい時だと、4割ほど下がってしまった」「(Q.それも今、徐々に戻り始めてますか)そうですね。徐々にではありますが、戻ってきているかと思います」

■「もうかる」達人の節約術は?

 「緊急事態宣言」が解除され、人の流れが回復してきた金券ショップ。そこに現れたのは、通い詰めること20年以上という、“金券ショップの達人”です。

 ここで何を手に入れるのかというと・・・。

 達人A:「居酒屋チェーンの“株主優待券”安く買って、定価で割り勘すると、少しもうかるんですね。フフフフ。(優待券で)2、3000円分安くなる」

 大きな割引が見込める、株主優待券です。大人数で利用すると、1人から2人分の代金が浮くといいます。

 達人A:「MAXで(年間)3万円くらい浮いた」

 こちらの達人がオススメするのは、“航空会社の株主優待券”です。

 達人B:「半額とかで(飛行機に)乗れるようなやつで。それを“期限ギリギリ”で買った。結構、安いお値段で。(浮いた分を)おいしいものに使ったり、食べるものに使ってます」

 金券の達人たちが口をそろえて勧めるのは、この“期限ギリギリ”の金券です。

 達人C:「期限が近付くと、さらに安くなる。ちょこちょこのぞきに来るっていうのは、ありかもしれないですね」

 目当ての金券を探しに、エリアをまたぐ猛者もいました。

 達人D:「新橋だと何軒もあって、あと同様に新宿のほうでも何軒もあって。ぐるぐる回って、エリアで一番きょうこれ買うぞと思った時に、一番安いところで安いものを買う。お安くお買い求めするということで・・・『安活(アンカツ)』」

(「グッド!モーニング」2021年11月4日放送分より)
[テレ朝news]

ニュース,テレビ朝日,ニュース企画,provided
News & Politics

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる